腰痛がスッと消える!TMSジャパンメソッド

2011年07月04日

腰痛用の椅子を選ぶポイントは?

いつもありがとうございます。


腰痛に関する情報などをお伝えしています。

現代人はかなりの数の方が、
腰痛に悩まされている、と聞いています。


私自身も若い頃にぎっくり腰を患って、
以来、腰痛に関して注意を払っている毎日です。


物を持ち上げる時には、かなり注意深くしなければいけません。


今回は、腰に負担をかけないような、
椅子選びという観点から、お送りしましょう。


タクシーの運転手さんとか、
一日中デスクワークをしている方とか、
同じ姿勢で長時間座っていると、腰痛になりやすいですよね。


同じ姿勢を長く続けていると、
腰の周りの筋肉に負担がかかってしまいます。
それで、腰痛を引き起こす原因になるのです。


椅子に座ると腰痛が楽になる、
とお考えではないでしょうか?


ところが、椅子に座ると背中が丸まってしまうなどして、
立っているよりも、腰への負担が大きいのです。


最初は意識して背筋を伸ばしていても、
知らず知らずのうちに、姿勢が崩れてしまう、
ということが、良くあります。

それは、椅子の高さや形、素材などの影響があるからです。


腰痛対策用の椅子に求められるのは、
座っている時でも、直立に近い姿勢を保ってくれることです。

それと、椅子から立ち上がる時にも、
腰を曲げる必要のない構造が、望ましいですね。


素材として、低反発素材を使用したもの、
マッサージ機能が備わっているものだとか、
骨盤のゆがみを矯正してくれるもの、
などといった風に、いろいろな種類の椅子が販売されています。



ここで、腰痛対策用の椅子を選ぶポイントをいくつか挙げて見ましょう。


まずは、背もたれが後ろに傾くタイプのものは、
椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減してくれます。


そして、腰周りをサポートしてくれるように、
腰の部分がカーブしているもの。

座面の素材が柔らかすぎないもの。

長時間同じ姿勢にならないように、
座る幅が広いもの。


できれば、高さ調節ができるものとか、
肘掛があるもの。


こうした点に注意して選ぶようにしましょう。



最後まで、ありがとうございました。




posted by 爺 at 10:44| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

椎間板ヘルニアってどういう病気なの?

ご訪問ありがとうございます。

腰痛に悩まされている方も、多いことでしょう。


実を言えば、私もかつて腰痛に悩まされていました。
今はなんともありませんが、しかし重い物を持ち上げる時には、
正直いって、少し慎重になってしまいますね。


そうした、腰痛に関する情報をお伝えしましょう。

今回は、椎間板ヘルニアについてです。


私のように、腰に不安を抱えている人間には、
椎間板ヘルニアという名前は、よく耳にする病名です。

でも、実際にどういう病気なのかは、
あまり詳しくは、知らなかったですね。

で、椎間板ヘルニアとはどういうものなのか?
調べてきましたので、お伝えしていきましょう。


骨の構造として、背中の骨というのは、
脊椎と呼ばれている骨、二十四個で構成されているのです。


その二十四個の脊椎と脊椎の間に、
クッション的な役割をしている、軟骨が挟まれています。

その軟骨を、「椎間板」と呼んでいるのです。

椎間板は、中心の柔らかい部分(髄核)と、
周辺の硬い部分(繊維輪)とで、構成されています。


そして、中心の髄核が周りの硬い部分を突き破って、
外に飛び出してくることがあります。

これが、椎間板ヘルニアといわれている状態です。

やわらかい部分が外に飛び出して、
神経などを圧迫して刺激すると、
激痛が起こったり、痺れなどの症状として表れてきます。



では、椎間板ヘルニアが発症する原因を探っていきましょう。


○腰を強くひねったり、日常の動作が背骨に負担をかけた

○椎間板自体が老化している

○骨そのものが老化している

○背骨、骨盤のゆがみやズレがある


というようなものです。


ヘルニアというのは、三〜六ヶ月くらいで、
自然に吸収されることもあります。

すると、痛みも軽減されます。


しかし、いつまた激痛に襲われるかわかりません。

もしも、腰に猛烈な痛みを感じるとか、
腰から足先にかけて、しびれや痛みを感じるようなことがあったら、
速やかに、整形外科を受診するようにしてください。


最後まで、ありがとうございました。



posted by 爺 at 08:27| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

脊椎分離症ってどんな病気?

ご訪問ありがとうございます。

現代人は腰痛に悩まされている人が多いといわれています。


腰痛に関して、いろいろとお伝えしていこうと思います。


腰痛と一口に言いますが、
腰痛の種類にも、いろいろあるようです。


今回は、脊椎分離症とい腰痛に関してお送りしましょう。


脊椎分離症は、比較的若い年齢であり、
激しいスポーツを行っている人に、
多く見られる腰の痛みのことをいいます。


脊椎の第四脊椎と第五脊椎の部分が、主に分離するようです。


この、脊椎分離症の原因として考えられるのは、
少年期に、スポーツなどで腰の曲げ伸ばしやひねり運動を繰り返すことで、
腰に過度な負担をかけ、骨が徐々に分離していくというのです。

いわゆる、疲労骨折の一種でしょう。


そして、分離症だけでは痛みといった自覚症状が出ないことが多いのです。

しかし、長時間同じ姿勢で立っていたりした場合、
分離した箇所は不安定ですから、
その周辺のじん帯や筋肉に、負担が集中して、
痛みが出てくるようになります。



腰をそらせたり、横に曲げたりといった動作のときに、
腰の痛みを訴えるケースがみられるようです。



脊椎分離症の治療法は、まず安静にしていることが大切です。

これを保存療法といいます。


一応安静にしていることで、骨は徐々につながっていくのです。


もしも、痛みが強い場合はコルセットなどで腰椎を固定し、
また、ブロック注射をうったりする場合もあります。


子供で、腰の痛みを訴える場合に、
その子供が、スポーツが好きだった場合には、
脊椎分離症であることが、ほとんどですね。


そのままにしておくと、分離すべり症や、
椎間板ヘルニアなどに、症状が悪化することが考えられます。

早めに、専門医の診断をうけるようにしましょう。


posted by 爺 at 09:00| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。