腰痛がスッと消える!TMSジャパンメソッド

2011年11月17日

椎間板ヘルニアってどんな病気なの?

腰痛に関するあれこれをお伝えしています。

今回は、椎間板ヘルニアについて、
お伝えしていきましょう。

腰痛を引き起こす原因のひとつに、
椎間板ヘルニアがあります。

kosi4.gif

椎間板というのは、
頚椎から腰椎にかけての骨の間にあるクッションの役目をしているのですが、
これが何らかの原因で、突き出してしまった状態を、
ヘルニアと呼んでいます。

椎間板が、柔軟性を失ってはみ出してしまい、
神経を圧迫することで、激しい痛みを引き起こしてしまうのです。


腰の痛み以外にも、下半身のしびれなどの症状があります。

セキやくしゃみなどでも、激痛が走りますね。


この原因になるのは、
同じ姿勢で長時間いたり、猫背などといった姿勢の悪さから、
椎間板へ圧力がかかる、ことが挙げられます。


また、年をとってくると、
椎間板のゼリー状の物質が減ってきて、
椎間板そのものも減少し、柔軟性を失っていきます。

すると、階段の上り下りなどの日常生活の動作にも、
負担がかかっていくことになります。



椎間板ヘルニアは、
安静にしていることで、自然に回復するものですが、
再発の可能性が比較的高いです。


長い時間立っていられない、とか、
椅子に腰掛けていられない、あるいは、
立ち上がるのがツライ、という人は、
日ごろから注意することが必要です。


この症状が悪化すると、
腰痛、下半身がしびれる、
などといった他にも、
排尿障害などといった、さまざまな症状がおこります。


専門医に早めに相談するほうがいいでしょう。




posted by 爺 at 13:36| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。