腰痛がスッと消える!TMSジャパンメソッド

2011年07月14日

変形性腰椎症ってなに?

ご訪問ありがとうございます。

腰痛に悩まされている多くの方に向けて、
腰痛に関する情報をお伝えしています。


今回は、変形性腰椎症についてお伝えしましょう。

変形性腰椎症って、あまり聞きなれない病名ですが、
これはいったいどういうものなのでしょうか?


骨の変形というのは、
人間誰しも年を重ねる毎に起こってくるものです。

こうしたときに、腰に痛みを伴うような症状を、
変形性腰痛症と呼んでいるのですが、
少し詳しく、この変形性腰椎症について、
お伝えしていきましょう。


変形性腰椎症の症状ですが、
何かの動作をする時の動き始めとかの時に、
腰に痛みを感じることがあります。


病院でレントゲン写真を撮って調べた時に、
腰椎に変形が見られて、日常生活に支障のあるような腰痛が、
発生しているようなら、変形性腰椎症と診断されます。


加齢による骨の変形は、人それぞれで違っていますから、
骨が変形しているからといって、必ずしも腰痛になるというものではありません。


腰椎が変形するのは、加齢現象と言えるでしょうね。


しかし、椎間板が減ったりしてうまく機能しなくなると、
椎体が硬くなる骨硬化や前後に骨の出っ張りができる骨棘ができたりします。

こうしたことで、痛みが出てくることがあるのです。


変形性腰椎症の治療法ですが、
安静にするのが大事なことです。

安静にしていることで、痛みは取れてくるのですが、
それでも痛みを感じるのであれば、
注射は神経ブロックを行う場合もあります。


消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を処方することもあります。


最後までありがとうございました。




posted by 爺 at 12:52| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。