腰痛がスッと消える!TMSジャパンメソッド

2011年06月25日

女性の腰痛は、子宮内膜症の疑いがある?

ご訪問ありがとうございます。

現代人は、腰痛に悩まされているといいます。

生活習慣などによるのでしょうが、
運動不足などから、万年腰痛を抱えている方が、
意外に多いものですね。

腰痛に関することを、お伝えしています。


今回は、女性の方特有の腰痛に関してお送りしましょう。

女性が慢性的に、腰の痛みを感じるようであれば、
子宮内膜症という病気も、考えなくてはいけないでしょう。


その、子宮内膜症について、
お伝えしていきますね。


子宮内膜というのは、子宮の内側で増殖と剥離出血を繰り返しています。

子宮内膜症というのは、こうしたことを繰り返している子宮内膜が、
子宮以外の、卵巣や腹膜などの別の場所で増殖と剥離を繰り返す病気のことです。


本来であれば、子宮の内側から剥離した子宮内膜は、
月経血として、体の外に出てきます。

しかし、子宮以外の場所で剥離した膜では、
体内に留まってしまい、炎症や痛みの原因になるのです。


最近は、子宮内膜症を発症する人が多くなっているようです。

その原因なのですが、現代人の月経回数が増えていることにあります。


現代では、生活様式が変化してきています。

そのため、初経の年齢が早まっていて、
閉経の年齢は、変わらないままになっています。


そして、出産を経験しない人も増加の傾向にあります。

ですから、女性が一生の間に経験する月経の回数も多くなっているのです。


子宮内膜症というのは、子宮内膜が増殖と剥離出血を繰り返すことで進行していきます。

なので、月経の回数が多くなればなるほどに、
発症する確率も高くなるということになります。


子宮内膜症そのものは、良性の病気なので、
自覚症状がないことも多いのです。


ですが、定期的に腰に激痛があるとか、
慢性的に、腰のあたりに違和感を感じるようであれば、
一度婦人科で、検診を受けてみることをおすすめします。


診断は、内診や超音波などで、
簡単に確認することが出来ます。



それほど心配することなく、受診してみてください。


最後まで、ありがとうございました。
posted by 爺 at 14:34| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。