腰痛がスッと消える!TMSジャパンメソッド

2011年05月24日

腰痛の運動療法とは?

ご訪問ありがとうございます。

日本人の大半は、腰痛を患っていると言われています。

腰痛は、つらいものですね。


腰痛に関する情報をお届けしています。


今回は、腰痛の運動療法についてお届けしましょう。


腰痛を治療する方法として、運動療法が効果的といわれています。

しかし、あまり激しい運動や無理のある運動は、
かえって腰痛を悪化させてしまう、可能性もあります。

その辺は、注意しましょう。



腰痛の起こる原因としては、
運動不足などで、足腰の筋肉が弱まっていることがあげられます。

それと、歳を重ねることで、
筋肉が硬くなり、起こりやすくもなるのです。


腰痛を改善するには、腰周りの筋肉を強化してやればいいのです。


もし、腰に激しい痛みがある場合は、
運動しないで、安静にすることがひつようです。

しかし、症状が軽いうちに、
軽度な運動を行うと、腰への負担を軽減することができます。



運動療法としては、腰への負担を軽くするストレッチ(柔軟体操)
腰周りの筋肉を強化して、腰への負担を少なくする筋肉トレーニング
全身や一部分の持久力を改善する、持久力トレーニング、

などがあります。


それぞれ、腰痛の症状などやご自分の身体能力に合わせて、
運動のプログラムを決め、実行していくといいですね。


水中での運動は、運動療法のなかでも効果的といわれています。


水中での運動は、浮力が腰への負担を10%程度に抑えてくれますから、
運動することで腰へかかる負担を軽くしてくれます。

その上、水の抵抗を利用しますから、
効果的に筋肉を鍛えることにも、なるのです。


水中で歩くだけでも、腰痛には充分効果的です。

余裕があれば、背泳ぎやクロールなどもいいですね。
ただ、平泳ぎやバタフライといった泳法は、
腰に負担をかけてしまいます。

逆効果になりかねませんので、注意が必要です。


最後まで、ありがとうございました。

posted by 爺 at 15:11| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。